• 見て、感じて、さわって
    今日の水辺を明日に残そう!
    水辺へGo!
    web版のデザインが新しくなりました

水辺へGo!

スマホひとつで水辺※1を調査

見て、感じて、さわって

アプリを使って5つの視点からなる質問に答えるだけで水辺を調査でき、「水辺の見方」を学ぶことができます(5つの視点は、環境省が策定した水辺のすこやかさ指標※2を活用)。

調査記録が重要な資料に

今日の水辺を明日に残そう!

集まった水辺データ(調査結果・写真・コメント)はアーカイブされ、水辺整備(環境計画や防災・減災計画)の参考として有益な資料となります。

 

※1「水辺」とは、川や湖、池、沼等、水のある場所です。海や人工的な池は対象外としています。
※2「水辺のすこやかさ指標」の詳しい情報は環境省ホームページをご覧ください。

水辺へGo!の特徴

どなたでも参加OK

\日本初!/水辺(川・湖・池)だけのデータを集めるアプリです。お好きな水辺を調査してみましょう。

調査結果の見える化

地図上の水辺スポットの色や、レーダーチャートの形、写真等で水辺のすこやかさを視覚的に知ることができます。

水辺データの共有

みんなが調べた日本や世界の水辺を見ることができます。また、自分が調べた水辺をマイデータに集められます。

水辺のすこやかさ指標とは

「水辺のすこやかさ指標」は川などの水辺の見方を表す指標体系で、5つの視点から成り立っています。「自然なすがた」「豊かな生きもの」は自然環境(緑色)を表し、「水のきれいさ」「快適な水辺」「地域とのつながり」は人間活動(ピンク色)を表します。この2つのバランスがとれていることが大切です。

各視点の平均点を五角形のレーダーチャートに表し、五角形の形が大きくかつ正五角形に近いほど、「すこやかな水辺である」と判断します。

アプリの使い方

インストールから水辺調査方法までをガイドブックにまとめました

News

2022.04.01お知らせ

2022年4月1日より、「水辺へGo!」の管理者は、一般財団法人日水コン水インフラ財団となりました。より一層、多くの方々に利用しやすくなるよう公益性の高い同財団の所管となります。サービス内容に変更はございませんので、引き続きご活用いただきますようお願い申し上げます。

2021.12.08活動報告

東大水フォーラム・東京大学大学院工学系研究科社会連携・産学協創推進室が共催した「東大水フォーラム公開シンポジウム『持続可能な社会と水』」にて、「水辺へGo!で身近な水環境を再発見」を発表しました。

2021.11.05活動報告

東京家政大学Aクラスにおいて授業(講義・実習)を実施しました。講義では水環境健全性指標の解説と学生による水辺へGo!を使った水辺調査の集計結果を報告し、実習では簡易水質測定と透視度測定を行いました。

2021.10.21活動報告

みずとみどり研究会の10月の月例会にて「『水辺へGo!』で水環境を調べよう~指標の誕生からアプリの今後まで~」を発表し、参加者の皆様と水環境健全性指標の普及方法等について意見を交わしました。

2021.09.15活動報告

日本水環境学会シンポジウム(オンライン開催)にて「水環境健全性指標に関する考察」を発表しました。



水辺へGo!を今すぐ始める

お問い合わせ

水辺へGo!の使い方や環境学習への活用など、お気軽にお問い合わせください